売却・購入について

  • ステップ 1売却のご相談
    売却すると決めたら、いくら程度で売れそうかの目安を立てます。まずは、物件の周辺相場を知る為にも、売却希望物件の適正価格の査定やお客様のご要望を確認し、最適なコンサルティングをさせて頂きます。
  • ステップ 2物件の現地調査・査定
    物件の現状確認、学区、近隣施設、近隣の取引事例、地価公示価格、路線価、道路等を検討し適正価格をご提案させて頂きます。
  • ステップ 3媒介契約

    ご希望に沿った提案になれば媒介契約を締結して頂きます。

    媒介契約
    お客様が住まいの売却を不動産仲介業者に依頼する契約を結ぶことです。媒介には次の3種類があります。
    1. 専属専任媒介契約
      〔依頼者〕媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。
      また、依頼者は、自分で見つけた相手方と不動産会社を通さずに売買契約を締結できません。
      〔不動産仲介業者〕目的物件を不動産指定流通機構に登録の上、業務処理状況を1週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。
    2. 専任媒介契約
      〔依頼者〕媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。
      自分で見つけた相手方となら不動産会社を通さず、売買契約を締結することができます。
      〔不動産仲介業者〕目的物件を指定流通機構に登録の上、業務処理状況を2週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。
    3. 専属専任媒介契約
      〔依頼者〕複数の不動産会社に重ねて媒介契約を依頼することができます。〔不動産仲介業者〕物件を指定流通機構に登録したり、業務処理状況を報告する義務がありません。
  • ステップ 4売却の活動
    媒介契約を結んだ後は、営業担当が売却を実現するため、営業活動を展開し物件の売却条件にあった購入希望者を探します。
  • ステップ 5条件のご確認・売買契約
    購入希望者が見つかれば、売却条件、お引渡し日、支払い方法などの契約条件を確認します。契約条件について、双方が合意になりましたら、不動産売買契約を取り交わします。
  • ステップ 6代金の受領・物件の引渡し
    司法書士が立ち会い、売買代金の受領、登記の申請して不動産の引き渡し完了です。